Blog&column
ブログ・コラム

不動産登記の必要書類について解説

query_builder 2022/03/01
コラム
41
不動産登記をするためには、必要書類を揃えて申請します。
では、不動産登記の必要書類はどういったものが必要なのでしょうか?
そこで今回は、不動産登記の必要書類について解説します。

▼新築の場合
不動産が新築の場合は、下記が必要です。
・申請書
・住民票の写し(世帯全員、すべてが記載されたもの)
・建物表示登記
建物表示登記は、法務局のホームページか窓口で申請できます。
記載内容は住所と氏名など基本的な情報のみです。

▼売買による所有権移転登記の場合
所有権移転登記の場合は、下記が必要です。
・申請書
・住民票の写し
・本人確認書類の写し
新築のときと同様に、世帯全員すべてが記載されたものを用意しましょう。
必要書類は新築とほぼ同じですが所有権移転登記の場合、買主の本人確認が必要になります。
そのため、運転免許証などの顔写真付きの本人確認書類を用意してください。
マイナンバーの顔写真付きカードでも問題ありません。
また、住宅ローンを利用する方で抵当権設定が必要な際は、本人の印鑑証明書を用意してください。

▼まとめ
今回は、不動産登記で必要な書類についてご紹介しました。
不動産を手に入れたら、速やかに必要書類を用意して手続きをおこないましょう。
手続きを怠ってしまうと、トラブルの原因になるので注意してくださいね。
もし必要書類を揃えるのに不明点がある場合は、専門家に相談しましょう。
当事務所では、不動産登記の相談を承っているのでお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

NEW

  • 一時支援金の申請締切間近

    query_builder 2021/06/10
  • 成年後見の申立てをサポートします

    query_builder 2021/06/02
  • 相続を円満におこなう方法とは?

    query_builder 2022/06/03
  • 不動産登記で発生する登録手数料についてご紹介

    query_builder 2022/05/01
  • 不動産登記相続登記で委任状が必要な場合とは?委任状について解説

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE