Blog&column
ブログ・コラム

不動産登記の住所変更について詳しく解説

query_builder 2021/12/15
コラム
36
不動産登記の住所変更は、不動産の購入や引っ越しをした際に必要になります。
不動産登記の住所を変更することを住所変更登記と呼びます。
そこで今回は、住所変更登記について詳しく解説します。

▼住所変更登記をおこなう理由
住所変更登記の手続きは必須ではありません。
法律に定められているわけではないので、手続きをしないからといって法律違反にはなりません。
ただ、住所変更登記をしないと不動産の相続贈与ができなくなります。
さらにローンを組むときは住宅ローン申請をするので、住所変更登記が必要になります。

▼売主が住所変更登記をおこなう場合
売主は、買主に空き家として不動産を引き渡した際に住所変更登記が必要になります。
手続きの際、印鑑証明の住所と登記住所が一致していなければならないため住所変更登記をします。

▼買主が住所変更登記をおこなう場合
建物を購入して、引っ越しを終えた状態ですぐに住めるようになったら住所変更登記をします。
住民票に移動や所有権移行の登記など、ほとんどの手続きを終えたタイミングでおこないましょう。

▼まとめ
住所変更登記は、不動産売買や引っ越しをおこなう際に必要です。
必ずやらなければいけないものではありませんが、基本的には手続きをしておいたほうがいいでしょう。
もし、住所変更登記をするか迷った場合は専門家に相談するのがおすすめです。
当事務所では、住所変更登記に関するご相談を承っているのでお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 一時支援金の申請締切間近

    query_builder 2021/06/10
  • 成年後見の申立てをサポートします

    query_builder 2021/06/02
  • 相続を円満におこなう方法とは?

    query_builder 2022/06/03
  • 不動産登記で発生する登録手数料についてご紹介

    query_builder 2022/05/01
  • 不動産登記相続登記で委任状が必要な場合とは?委任状について解説

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE