Blog&column
ブログ・コラム

不動産登記について詳しく解説

query_builder 2021/12/01
コラム
35
不動産登記は、不動産の売買もしくは相続で必要な手続きです。
しかし多くの方は馴染みがないため、どういった内容か疑問に思うでしょう。
そこで今回は、不動産登記について詳しく解説致します。

不動産登記について
不動産登記を一言で言うと、土地や建物の所有者をハッキリさせる制度のことです。
不動産登記をおこなうことによって、土地や建物の種類、場所、所有者などの情報が法務局の帳簿に記載されます。
情報は、手数料を支払えば誰でも閲覧可能です。

不動産登記が必要になるケース
■不動産取得時
不動産を購入したら、不動産登記が必要です。
また、相続によって自身が不動産の所有者になった場合は所有権の移転登記をしなければなりません。
■住所変更・姓の変更
引っ越しで住所が変わったり、結婚して姓が変わったら、住所・氏名の変更登記をする必要があります。
■建物の取り壊し時
建物を取り壊した際は、建物の滅失登記をおこないます。
■住宅ローン完済時
住宅ローンを完済したら、抵当権抹消登記をしなければなりません。
完済時に金融機関から手続き書類が送られるので、必要事項を記入し手続きをします。

▼まとめ
不動産を売買したり、相続するときは不動産登記が必要になります。
不動産登記をしないとトラブルの原因になるので、必ず手続きを行いましょう。
自身で不動産登記の手続きが難しい場合は、専門家に依頼するといいでしょう。
当事務所では、不動産登記に関するご相談を承っています。
何かお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 一時支援金の申請締切間近

    query_builder 2021/06/10
  • 成年後見の申立てをサポートします

    query_builder 2021/06/02
  • 相続を円満におこなう方法とは?

    query_builder 2022/06/03
  • 不動産登記で発生する登録手数料についてご紹介

    query_builder 2022/05/01
  • 不動産登記相続登記で委任状が必要な場合とは?委任状について解説

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE